院長コラム
home トピックス 当院について ペットホテルと美容 学術・研究発表 メールフォーム リンク
院長コラム一覧

2017年07月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年06月
2015年12月
2015年11月
2015年06月
2015年04月

2015年03月
3/15
3/15
3/15
3/15
3/15

2014年09月
2014年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2007年04月
2004年09月
2001年09月
2000年09月

平成27年度 日本獣医師学会学術大会 発表しました 2月岡山 2015/03/15
テルミサルタンによる高齢猫四肢麻痺症状に対する新しい治療戦略:サーモグラフィーイメー

ジング(TGI)による評価

◯樋渡 敬介1)、土井 公明2)、水野 理介3)、横須賀 誠4)

1)御殿場インター動物病院・静岡県 、2)どいペットクリニック(静岡県)、
3)東大大学院農学生命科学研究科獣医薬理学教室、
4)日獣大獣医学部獣医学科病態獣医学部門病態解析学分野、
Japan Veterinary Microcirculation Research Center (JVMRC)


【はじめに】小動物開業獣医師は、ペットの高齢化にともなう猫の四肢麻痺を臨床の場でしば

し経験する。四肢麻痺猫において、高齢による筋力低下やクリニックでの積極的な検査治療に

よる過度のストレスが予期せぬ全身性リスクを惹起する危険性の存在が指摘される。したがっ

て、高齢猫四肢麻痺に対して、より安全で効果的な検査治療方法は、未だ確立されていないの

が現状である。今回我々は、高齢猫に身体的かつ精神的負担を最小限とする検査方法を確立す

るために、非接触型赤外線TGIを新たに導入し、末梢組織微小循環動態の指標として耳介およ

び四肢末端の表面温度変化を評価した。そして、末梢組織微小循環動態改善を目的とし、耳介

および四肢末端に低温度が認められた四肢麻痺高齢猫に対して、アンジオテンシンIIタイプ1

受容体阻害薬(ARB)であるテルミサルタンを投与し、興味ある新知見が得られたので報告す

る。

【結果】症例は、四肢麻痺症状を呈する雑種高齢猫(去勢雄:11才、避妊雌:15、17、20才、

平均16±4才)である。テルミサルタン経口投与(0.5-0.1mg/kgSID)は、4症例すべてにおい

て耳介および四肢末端の表面温度(24時間以内:2症例、72時間以内:2症例)を顕著に上昇さ

せることがTGIによって明らかとなった。また、テルミサルタンはすべての症例における四肢

麻痺症状を改善し、旋回運動を有する重症1症例では、その症状がほぼ消失した。

【考察】テルミサルタンは小動物臨床領域で、初めて猫慢性腎不全治療薬として2014年7月か

ら販売開始されたARB新薬である。今回の症例からテルミサルタンは、末梢組織微小循環改善

による高齢猫四肢麻痺に極めて有効であることが判明した。従って、テルミサルタンは、猫慢

性腎不全のみならず末梢組織微小循環不全に起因する様々な症状改善に有効であり、本症例か

らテルミサルタンの適応症拡大に繋がる可能性が示唆された。また、その評価に新規導入した

TGIは、高齢猫に対して非接触性で身体的に最小限な負担で微小循環動態を評価できる検査デ

バイスの1つであることが明確となった。今後、TGIは猫に限らず小動物臨床の場で臨床応用可

能な安全かつ安価で強力なデバイスとなる可能性が示唆された。

微小循環 猫 ネコ サルコペニア フレイル アンジオテンシン ARB テルミサルタン セミントラ 四肢不全麻痺 超高齢ペット Glymphatic System The Nasalymphatic pathway PPARγ
お問合せ先
〒412-0043 静岡県御殿場市新橋383−1

御殿場インター動物病院
Tel 0550−81−0885
Fax 0550−81−0886