院長コラム
home トピックス 当院について ペットホテルと美容 学術・研究発表 メールフォーム リンク
院長コラム一覧

2017年07月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年06月
2015年12月
2015年11月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2014年09月
2014年04月
2013年03月
2013年02月

2012年12月
12/ 9

2007年04月
2004年09月
2001年09月
2000年09月

猫の甲状腺機能亢進症で発表しました 2012/12/09
平成24年12月2日 静岡県東部症例検討会で発表しました

//////////////////////////////////////////////////////////

8才以上の猫 122 頭で測定した血清T4および遊離T4濃度の調査
〜高齢の猫で甲状腺機能亢進症はどのくらい存在するのか〜

樋渡敬介(御殿場インター動物病院)

 猫の甲状腺機能亢進症は、8 歳齢を超える猫でよくみられる内分泌疾患である。
1970年代から主に米国で報告され始めたこの疾患は、現在では米国で来院する
猫の15%にもなるという報告もある。しかしながら日本では、高齢の猫に対して
甲状腺機能の検査がルーチンな検査として普及していないこと、併発する他の
疾患の治療が主となることから、その実態を調査した報告は少ない。

 今回当院では、健診や診察のために来院した8才以上の猫 122頭で測定した
血清T4および遊離T4濃度を、年齢、品種、他疾患との関係を含め調査したので
報告致します。猫の甲状腺機能亢進症はその原因が免疫、感染、栄養、環境、
遺伝的と多岐なことから、国や地域により発症率の違いがあるとされています。

今後データを集積して、日本において獣医師や飼主が情報をシェアできるような
取り組みを行いたいと考えております。


//////////////////////////////////////////////////////////

写真1
(写真はクリックすると拡大表示します。)
お問合せ先
〒412-0043 静岡県御殿場市新橋383−1

御殿場インター動物病院
Tel 0550−81−0885
Fax 0550−81−0886