院長コラム
home トピックス 当院について ペットホテルと美容 学術・研究発表 メールフォーム リンク
院長コラム一覧

2017年07月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月
2016年06月
2015年12月
2015年11月
2015年06月
2015年04月
2015年03月
2014年09月
2014年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月

2007年04月
4/30
4/30
4/30
4/ 7

2004年09月
2001年09月
2000年09月

災害時に動物はどうするの? 2007/04/07
 生活様式や価値観が変化する中で、犬やねこなどの身近な動物たちを家族の一員として共に暮らす人々がふえています。
 阪神淡路大震災では、避難所において犬やねこなども被災者とともに避難生活を送っている心温まる光景がみられました。
動物たちは、被災者の不安な心をなごませ、見知らぬ人々とコミュニケーションの機会を与えてくれましたが、避難所での共同生活においてはペットにかかわる問題も発生しました。
 ここでは、東海地震に備えて静岡県保健衛生部が作成した避難所のペット対策マニュアルを紹介します。

【共同生活】

 避難所において、被災したペットと共に生活するためには、飼主が責任を持って飼育することが原則ですが避難所の責任者や他の被災者の理解と協力が大切です。
 責任者の理解と協力避難所の責任者は、ペットも災害を生き延びた命であり被災者が互いに助け合いの気持ちを持って共同生活するよう呼びかけましょう。 話し合いの場 避難所の責任者は、ペットを伴った被災者と他の被災者との話し合いの場を必要に応じて設けてください。

【ペットによる効果】

・ペットを介してコミュニケーションが図れる
・ペットが周囲の被災者の心をなごませる
・ペットがいることで心が落ち着く
・ペットがいることで生きる意欲がわく
・ペットが日常性を与えてくれる

 飼育者の把握 避難所において、ペットを伴った被災者を迅速かつ的確に把握することは、ペットの適正な飼育を推進し、避難所の円滑な運営を図るために大切です。 飼育者の届け出 避難所の責任者は、ペットを伴った被災者に対して、次の内容を届けだすよう呼びかけをしてください。

・飼育者の住所と氏名
・動物の種類と数
・動物の特徴(性別・体格・毛色・その他)

【飼育者の整理】

 避難所の責任者は、届出に基づき、一覧表を作成すると何かと便利です。 飼育管理 ペットの飼育場所を配慮し、飼育者への注意を促すことはペットにかかわるトラブルを未然に防止することに役立ちます。 飼育場所 避難所の責任者は、避難所の収容能力や次のことを勘案しペットの飼育場所を指定することも必要です。
 室内でペットと共に生活する被災者と他の被災者との生活場所の割り振りに注意しましょう。
 ペットの種類、大きさ、性質、しつけの有無などにより室内での飼育を容認できない場合は、廊下・踊り場又は野外の飼育場所を指定しましょう。 飼育ルールの徹底 避難所では、ペットの飼育ルールをつくり、飼育者にちらし等を配布して徹底させることも大切です。


(ちらし等の例)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


飼主の皆様へ

避難所では、多くの人たちが共同生活を送っていますから、ペットの飼主は次のことを守ってください。

 ●ペットは、指定された場所でつなぐかケージなどで飼いましょう。

 ●飼育場所・施設は清潔にし、必要に応じて消毒をしましょう。

 ●ペットによる苦情・危害防止に努めましょう。

 ●屋外の指定された場所で排泄させ、後始末をしましょう。

 ●給餌は時間を決めて、その都度片づけましょう。

 ●ノミの駆除に努めましょう。

 ●運動やブラッシングは、屋外で行いましょう。

 ●飼育困難な場合については、○○○動物救護センターに相談しましょう。

○○○避難所責任者

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ペットの救護活動 避難所で飼育されているペットへの救護活動として、次のことが考えられます。

・ペット用物資の配布(ペットフード、ペットの日用品等)
・ペットの負傷や病気の治療
・ペットに関する相談

(一時預かり、里親探し等) 救護活動の情報

 被災ペットの救護活動が開始された場合には、テレビ、ラジオ等により報道されます。
 避難所の責任者は、飼育者と共に、情報の収集と提供に努めましょう。

※災害はいつ起きるかわかりません。もしもの時のために、日常的に使用するペット用品はすぐわかる場所に置きましょう。
お問合せ先
〒412-0043 静岡県御殿場市新橋383−1

御殿場インター動物病院
Tel 0550−81−0885
Fax 0550−81−0886